• 薄毛治療に効果的な自毛植毛について

    薄毛に悩む方にたいへん効果のあるのが自毛植毛です。



    自毛植毛に使用する毛髪は、生命力の強い側頭部や後頭部の自身の毛髪で、毛の部分だけを植毛するのではなく、頭髪を作る毛根の組織を移植するので、移植された毛根は手術後生涯にわたって毛を作り続けます。

    身体が異物とみなして抜ける拒絶反応が起きないので生着率が非常に高いのが特徴です。

    自分自身の毛髪なので、髪色や髪質が馴染みやすいのも特徴で、年齢を重ねると白髪にもなってきます。

    合成繊維で作られた人工毛を頭皮に植えて髪のボリュームを増やす方法もありますが、月に1回程度の定期メンテナンスが必要ですし、人口毛の植毛では拒絶反応のために1年程度経過すると移植毛の多くが抜け落ちてしまうことが確認されています。


    1度自毛植毛をすれば、あとは普通の髪と同じようにシャンプーすることができ、特別なメンテナンスが一切必要ないので、お手入れがとても手軽です。



    薬を使った薄毛治療の場合は継続的に続けないと効果が薄れてしまいますが、自毛植毛では必要ないため診療費や薬代などもかかりません。

    暮らしを豊かにしてくれるT-SITE情報をまとめてチェックしよう。

    このようにメリットも多い自毛植毛ですが、デメリットもいくつか存在します。


    自分の毛髪を頭皮から採取するため本数には制限がありますし、全体的に薄毛が進行している場合は、採取が行えないこともあります。

    保険がきかない自費診療の外科手術なので、手術費がかなり高額になります。

    また、頭皮を採取した部分に縫合の傷跡が残ることがあり、年齢が進み髪が少なくなると目立つようになるかもしれません。


    メリットとデメリットをよく把握した上で信頼できるクリニック選びをしてくださいね。